上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Un mundo nuevo..

また最近通訳のお仕事をしました。(けっこう時間経ってるけど更新が遅くて。。)

通訳や翻訳には守秘義務があったりする場合も多いのですが、今回のはそもそも記事にするための取材通訳だったので掲載された範囲で。

日本独自の文化をスペインに紹介するため、というコンセプト。
El mundoの掲載記事です。
彼らがフォーカスしたいのはオタク文化と日本人の性嗜好と違法性。
そのほかにもいろいろ取材同行したのですが、とりあえずひとつすでに記事が公に出たものからひとつ。

なんと、その名もsexdoll.。。。
なんとなくのイメージなら持ってますが、もちろんその程度。
女性にはあまり縁がないものだと思います。

どきどきしながら行ったショールームにはそれはそれはかわいい、きれいな女の子のお人形が並んでました。お肌すべすべ。 顔ちっちゃい。 

内容は添付の記事を読んでいただくとして。
社長さんはとてもいい方で、積極的に取材に協力してくださいました。
通訳といえども、かなり厳しい日程だったので時間を最大限に有効活用してもらいたく、取材の案を出したり、アポを取ったりとかなりコーディネーター的な仕事もしました。
その中では、当然取材拒否やオドロキの態度をとられる方も。。

その点こちらの社長さんはとてもオープンでした。
ほんとに、そうしているとその人形たちにも愛情がとても注がれているのがよく分かってきます。
日本の細やかな気の使い方、繊細な仕事はここでも発揮されているようです。。

ちなみに1体60万円。高い。。
思わず、女性向けの男性版は作らないのか聞いてしまいました。
女性はその額のお金をこういうジャンルにはかけないそうです。
確かに。納得。
男の人は大変ですね。

脱線しましたが。
まさか、スペイン語をやっていてこんな経験をすると思いませんでした。
でも、好奇心が人一倍強い私的には、アドレナリン噴出の経験でした。
楽しかった!

記事を読んでみたい方は↓
http://www.elmundo.es/papel/2009/02/17/ultima/2597818.html

本業の学校はこちら↓
salon de espanol


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。